新横浜の成人矯正|ひろ矯正歯科クリニック TOP> 開咬

開咬

咬み合わせたときに空気が漏れていませんか?

開咬とは、前歯が噛み合わず常に口が少し開いた状態です。日本では、12~20歳までの10人に1人は開咬、またはその傾向にあると言われています。開咬は咀嚼(そしゃく)機能に障害が生じ、前歯でものを噛めません。常に奥歯で噛むため奥歯に非常に負担がかかり、歯やあごの骨を痛める原因になることもあります。また、歯の間から空気が漏れてしまうため発音にも問題が生じます。

開咬の原因

幼児期の指しゃぶりや、歯と歯の間の隙間に舌を入れるクセ、歯を舌で押すクセ、頬杖などのクセは、開咬の原因になります。また、鼻炎持ちなど、鼻がつまりやすい人は口で呼吸する癖がつきやすくなります。口呼吸をしていると、唇の筋肉が弱まって口腔内の筋肉バランスが崩れ、開咬の原因となることがあります。

咬み合っていない歯を咬み合わせるためにすべての歯を、動かしていきます。また、骨格的に原因がある場合は外科処置を施します。

症例

ひろ矯正歯科クリニック